やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/04/06
少額短期保険契約の保険料は生命保険料控除となるのか否か

[相談]

 私は個人事業を営んでいます。

 今年に入って、いわゆる「少額短期保険」契約を結び、今年からその保険料を支払っています。この保険料は所得税法上の「生命保険料控除」の対象となるのでしょうか。教えてください。


[回答]

 ご相談の少額短期保険契約の保険料については、生命保険料控除の適用はありません。


[解説]

1.少額短期保険の概要

 保険業法上の保険業のうち、一定事業規模の範囲内において、少額かつ短期(※1)の保険契約の引受けのみを行う事業を『少額短期保険業』といいます。

 この少額短期保険業を行う事業者を『少額短期保険業者』といい、この少額短期保険業者が引受けることができる保険を、“少額短期保険”といいます。

 この少額短期保険業の制度は、平成18年(2006年)4月からスタートしています。

※1 保険期間1年(火災保険などの損害保険の分野については2年)

2.生命保険料控除とは

 所得税法上の生命保険料控除とは、納税者が各年において、生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料を支払った場合に、一定の金額を、その納税者のその年分の所得金額から控除するという制度です。

3.少額短期保険契約の保険料に対する、生命保険料控除の適用可否

 所得税法では、生命保険料控除の対象となる生命保険契約とは、「保険業法に規定する生命保険会社又は外国生命保険会社等の締結した保険契約のうち生存又は死亡に基因して一定額の保険金等が支払われるもの」と定められています。

 その保険業法において、上記1.の少額短期保険業者は、上記の生命保険会社や外国生命保険会社とは区分されているため、少額短期保険業者と結んだ少額短期保険契約に基づいて支払った保険料については、生命保険料控除の対象となる生命保険料には含まれません。

 したがって、今回のご相談の場合、支払われた保険料について生命保険料控除の適用はないこととなります。

 このため、少額短期保険事業者から「生命保険料控除証明書」の交付を受けないことにもご留意ください。


[参考]
所法76、保険業法2、金融庁ウェブサイト(https://www.fsa.go.jp/ordinary/syougaku/index.html)など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



延長された、青色事業専従者届の提出期限2021/03/30
新型コロナウイルス感染症特別利子補給制度に係る利子補給金の収益計上時期2021/03/23
療育手帳の交付を受けている人の障害者控除額2021/03/16
従業員へのテレワーク費用支給と現物給与の関係2021/03/09
2月15日以前に提出した所得税確定申告書の取扱い2021/03/02
延長された、令和2年分の確定申告期限2021/02/23
白色申告者が事業専従者控除を受けるための要件2021/02/16
令和2年分確定申告からの青色申告特別控除額の引き下げと、その対処方法2021/02/09
令和3年4月1日からの、消費税の総額表示義務とは2021/02/02
オンライン診療に係る諸費用は、医療費控除の対象?2021/01/26
PCR検査費用は、医療費控除の対象?2021/01/19
控除対象扶養親族が年内に亡くなった場合の扶養控除の適用2021/01/12
マイナポイントと所得税2021/01/05
給与所得の源泉徴収票の交付2020/12/29
年末調整後に配偶者等が異動した場合2020/12/22
お問合せ
税理士法人 玉置会計
〒550-0003
大阪市西区京町堀1-17-23
TEL:06-6445-0330
FAX:06-6445-0329